レターパネル

LEDチャンネル文字、LEDサイン|レターパネル

最薄で20㎜まで加工可能なチャンネル文字
板金でつくるチャンネル文字は、ある程度の厚みがあるのが特徴です。【LEDサイン】レターパネル 日比谷駐車場看板

光源から面まで一定の距離を確保して、面を均一に発光させる必要があるからです。

しかし、最近ではチャンネル文字に薄さを求める設計者さんが増えてきました。

そこで生まれたのがLED導光板を採用したレターパネルです。

透明アクリル板に特殊レーザー加工を施し、その溝によって拡散した光が均一な面発光を生み出すドコーモルクス

その技術を応用し、チャンネル文字用に開発しました。

レターパネルの厚さは5〜6㎜。その薄さを生かして最薄で20㎜まで加工が可能です。

設計者やデザイナーの思いを実現することができるチャンネル文字です。
ランニングコストを従来の1/3〜1/4に削減

【LEDサイン】レターパネルチャンネル文字を薄くすると、自然と光にムラができます。

色ムラをつくらないようにするには、光源のLEDを均一に埋め尽くす方法が考えられますが、それではコストが膨大に跳ね上がります。

そこで発研セイコーでは、チャンネル文字の中にLED導光板を入れることを思いつきました。

LED導光板を内部に入れることで、光源のLEDを側面に配置するだけで済みます。使用するLEDの数量は従来の1/5。したがって、ランニングコストは1/3〜1/4まで削減することが可能です。

レターパネル発光のパターン

【LEDサイン】レターパネル発光パターン

上記以外の発光パターンも製作可能ですので、お気軽にご相談ください。

無料御見積もりフォーム

無料御見積もりフォーム
無料商品カタログ請求フォーム

製品一覧
ルームサイン一覧
ページ上部へ戻る