ドコーモルクス

LEDチャンネル文字 ドコーモルクス

ドコーモルクス5つの特徴

特徴1:屋内、屋外での使用が可能ioriOMOTESANDO【ドコーモルクス】

設置場所、薄さ、仕様、照度など条件により「LEDテープライト」との組合せを変更してあらゆる条件に適した方法をご提案します。

また防水規格取得(IP65相当)のLED光源を使用することにより、屋外設置にも対応しております。

 

【LED導光板ドコーモルクス】三井住友銀行特徴2:最薄で15㎜の薄型サインが可能

側面のLED光源から導かれた光を特殊レーザー加工を施した導光板の溝に拡散させて、均一発光をする仕組みです。

サイズ、形状に最も適した溝のパターンで製作を行い、厚み15㎜(片面発光タイプの場合)の均一発光を可能にしました。また両面発光の場合でも厚み50㎜の内部光源として使用可能です。

 

特徴3:自由な設計サイズに対応【LED導光板ドコーモルクス】Times

LEDテープライトとアクリルを組合わせた導光板のため、加工がしやすく複雑なチャンネル文字や薄型内照サインの内部光源として小ロッドから対応が可能です。

パネルの形状に合わせて、長方形、丸形、楕円形など無限に対応可能です。それらをつなぎ合わせれば、どんなサイズでも加工が可能です。

また曲げ加工ができるのも特徴です。R形状のパターンも豊富に揃えており、丸柱などのこれまで施工が困難だった場所にもLEDサインパネルを導入することができます。

レーザーカット特徴4:納期は驚きの最速1週間

何工程もかかる製作物を自社工場ですべて加工できるのが、発研セイコーならではの強みです。

そのため精密で迅速な制作をすることができ、最速1週間という短納期を実現することができます。

また施工後のメンテナンスも請け負っています。

特徴5:大幅なコストの削減が可能ドコーモルクス

ドコーモルクスではLED導光板を使用しています。このLED導光板を採用することで、LEDの数量を1/5まで抑えることができ、大幅なコストの削減につながります。また蛍光灯に比べ消費電力の少ないLEDの中でドコーモルクスを使用することにより、さらにLEDの数を減らし電気料金を減らすことが可能です。

具体的には、消費電力は蛍光灯から88%減、LEDモジュールに比べても62%〜86%減となります。

 

ドコーモルクス発光の原理

LED導光板ドコーモルクス発光の原理

側面の光源からアクリルクリア導光板内に導かれた光を特殊レーザー加工した溝に拡散させて、アクリル導光板を均一に光るようにしたものです。

サイズ、形状により溝の距離、角度などの組合せが無限に対応可能で、ムラの無い導光板の製作が可能です。

無料御見積もりフォーム

無料御見積もりフォーム
無料商品カタログ請求フォーム

製品一覧
ルームサイン一覧
ページ上部へ戻る